芸能人ダイエット

トップ > 05 クレーム対応(注意すべき点と事例)

クレームの例(ポロシャツ)

ポロシャツ、特にブランドメーカー品は思わぬところにクレームの原因が潜んでいるので要注意です。

下の写真はエルメスのポロシャツについている背中(後ろ首)のマークです。

hermes.jpg

お客様がエルメスのポロシャツを3点とズボン等数点お持ちになられました。仕上がり予定日に取りに来られ、全商品をお渡しいたしました。

お渡しして1時間ほどしてからそのお客様から電話が入りました。

「今持って帰ったうちのポロシャツ3枚は、仕上げ直しや!マークがしわくちゃや!すぐ取りに来てくれ!」

すぐに取りに行きました。見てみるとマークがまったくプレスされていませんでした。仕上げ直し翌日お渡し、事なきを得ました。

エルメスのポロシャツは要注意です。通常どこのメーカーでもマークは、長方形の四辺が縫いつけられていて歪んだりシワになったりしないようになっているものなのですが、エルメスのポロシャツだけは違います。長方形のマークの上左右の角が本体にとめられているだけです。そのため、洗濯中にマークが裏返ったり、歪んでしまったりします。

この事例に限らず、ブランドメーカー品にはお客様の強い"こだわり"があります。工場でも気を付ける必要がありますが、店舗でも今一度仕上がり品の細部に至るまでのチェックが大事です。

クレーム対応(注意すべき点と事例)

最近追加した記事

項目一覧

携帯・スマートホン用ホームページ

京都・氏政クリーニング携帯サイト
携帯のカメラでQRコードを写してアクセスしてください。
 

携帯メール会員募集中


上のQRコードまたは
ujimasa@hiromail.jpから空メールを送信してください。
ご入会特典:全品30%割引
詳しいサービス内容は、←こちらをクリックしてください。 
 

氏政クリーニング スタッフブログ

1.JPG 
氏政クリーニング島原店・奮闘女子
   

  お問い合わせ

当店へのお問い合わせはメール・お電話でお気軽にどうぞ。
メールはこちら
(24時間受付)
・電話:0120-439929
(通話料無料)
・平日7:30~18:00
・日祝10:00~17:00)